zoo

No. 25 The Philosopher of The Forest/No.25 森の賢人

orangutan No. 25 The Philosopher of The Forest

No. 25 The Philosopher of The Forest/No.25 森の賢人 | 毎週土曜日に更新される動物園!第25回目は近々中高生に人気が出そうなオランウータンです。いつごろ日本にやってきたのでしょう?オランウータンってどんな意味?さて、今日も楽しんでいきましょう。




和訳

Orangutan: Human learns history ‘cause it’s repetitive…
(オランウータン: 「歴史は繰り返す」だから人は歴史を学ぶ・・・)


Orangutan: There is no irony more sad than that.
(オランウータン: これ以上の悲しい皮肉はないね。)




基本解説

では、いつもながら英検3級ぐらいの方を意識して説明していきます。英語の基礎があれば説明すれば楽しんでもらえるというコンセプトでやっていきますね!


 Human learns history ‘cause it’s repetitive…

  • “Human”と聞くと、俳優の”Hugh Jackman(ヒュー・ジャックマン)”を思い出しますね。

  • “repetitive”は「繰り返しの」という形容詞です。よく学校の英語の先生が「リピート・アフター・ミー」と言っていましたよね。”repeat”が動詞で、petetitiveが形容詞です!

よって、訳は「「歴史は繰り返す」だから人は歴史を学ぶ・・・」となります。


There is no irony more sad than that.

  • There is, There are は 「〜がある」という意味です。超重要表現です。ちなみにフランス語では”Il y a”です。

  • “irony”は「皮肉」です。
  • 最初、”There is no sad irony more than that.”と書きましたが、ネイティブの方に訂正されました。より自然な英語をかけるようになりたいものですね。勉強になりました。

よって、訳は「これ以上の悲しい皮肉はないね。」となります。




ちょっと深く

オランウータンは森の賢人と言われるそうです。マレー語で「森の人」という意味だそうです。静かで物憂げな様子がそう言わしめたのでしょう。この動物オランウータンですが、日本に最初にやってきたのは江戸時代です。当時に人たちは最初、オランウータンを動物だと思わずに外国人だと思って、丁寧にもてなしたそうです。なんだか面白い話ですよね。そして、その時代の人たちが親切だったということを知って嬉しくなりました。
さて、今回のコミックですが、よく、「歴史に学ぶ」、「歴史は繰り返す」とか聞きますが、ならば学んだところでまた戦争しちゃうじゃんって思ってしまうわけですよ。もちろん、これは意地悪な皮肉なので、歴史を学ぶ価値は大いにありますよ。例えば、先人はいかにして危機を乗り越えたか、戦争を回避したか、あるいはなぜ戦争に至ったかを学べば迫り来るtragedyを避けることができるかもしれないからです。昨今よく問題になっていますが、だからこそ歴史を捏造したらダメだと思いますね。
「歴史は繰り返す」だから「また悲劇が来るだろう」ではなく、「歴史は繰り返す」だから「対策を練ろう!」と意識することが特に今大事なのかもしれません。
現実は、残念ながら、「歴史は繰り返す」だから「また悲劇が来るだろう」になっている気がします。どっかで常に争っていますからね。そんな皮肉を考えてそうな動物と言ったら、森の賢人、オランウータンだと思いませんか?オランウータンが第三者的な視点で言ってそうだなーと思った次第でありました。


スポンサーリンク







Today’s Comic

I usually post this article on every Saturday. If you like zoo comic, please visit here Saturdays. I would like to explain today’s comic a little bit. I don’t know if you ever heard “History is repetitive”, and I do. We learned history and learned we fought in the past, and also we learn it is repetitive. That’s so sad, isn’t it?
I cannot criticize it because I am a human, but orangutans can do it as a third party. I guessed that an orangutan would think about it because the animal is so-called Philosopher in the forest.




まとめ

オランウータンは「森の賢人」などうらやましいコピーをゲットした動物です。私もそんな感じのコピーが欲しいものです。あなたはどんなものが欲しいですか?今回も読んでくれてありがとうございました。来週もよろしくお願いします。

Thanks for visiting this page and taking your time! Hope you enjoy it! Have a great weekend! See you next weekend!




AI Impact on Human / AIの衝撃
No. 52 AI Impact on Human / AIの衝撃毎週土曜日に更新される動物園!動物園の飼育員のポールさんと様々な動物の会話を聞いてみましょう。第52回目のお話"AI Impact on...
Do Names and Natures Often Agree?
No. 43 Do Names and Natures Often Agree?No. 43 Do Names and Natures Often Agree?/ 名は体を表す? | 毎週土曜日に更新される動物園!動...

Take care,

Zoo director/owner
Taka

ABOUT ME
Taka
Zooと英語.comを運営、管理してるTakaです。毎日英語を楽しんでます。英語とフロリダが好きです。普段はグローバル企業のデザイン職で働いています。最近はAIを勉強しています。僕も成長したいし、みんなと成長したくてブログを運営しています。Twitterフォローしてください (*´∀`*) 人生は動物園みたいなもの!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。