zoo

No. 36 Wisdom of Father Tortoise/ カメ神父の知恵 -Zooと英語

tortoise

No.36 Wisdom of Father Turtle /No.36 カメ神父の知恵

毎週土曜日に更新される動物園!第36回目はTortoiseというわけで、ガラパゴスゾウガメです。さて、今日も楽しんでいきましょう!



tortoise

目次




1.和訳

Galapagos Giant Tortoise: As we grow older, some of us tend to go into
their shells. I hope they realize that it is essential
to get out of it to go forward.

(ガラパゴスゾウガメ: 成長するにつれて、自分の殻に閉じこもる人もいる。前に進むためには殻から出ることが大切って気づいて欲しいな。)






2.基本解説

では、いつもながら英検3級ぐらいの方を意識して説明していきます。英語の基礎があれば説明すれば楽しんでもらえるというコンセプトでやっていきますね!毎週土曜日に更新される楽しい解説です。


As we grow older, some of us tend to go into
their shells. I hope they realize that it is essential
to get out of it to go forward.

  • “As we grow older”は「成長するにつれて」です。「AS + 比較級」の使い方を覚えておきましょう。
  • “tend to do”は「~する傾向にある」です。
  • “go into shell”は「殻に閉じこもる」です。殻は”shell”なんですね!
  • “go forward”は「前進する」です。にているものに、”go ahead”があります。これは「お先にどうぞ」です。マクドナルドで決めかねていて並んでないのに自分の後ろに誰かが並んでしまったら使いましょう。”You can go ahead”とか言って。
  • essentialの他に、”important”や”necessary”などいろいろ使えますね。覚えておきましょう。

よって、訳は「 成長するにつれて、自分の殻に閉じこもる人もいる。前に進むためには殻から出ることが大切って気づいて欲しいな。」となります。




3.ちょっと深く

そもそも、、、ですがカメって英語で”Turtle”と思っていませんか?私にもそう思っていた時代がありました。というか、今回の動物がガラパゴスゾウガメでしたので、英語でガラパゴスの綴りを調べていたら・・・”Galapagos Giant Tortoise”….「ふむふむ、Galapagos Giant ….え?」「”Tortoise”ってなんだ?と、とーといすぅ?」と思い、なんで”Turtle”じゃないのかさらに全力で調べました。すると下記のような違いがあることがわかりました。

  • Turtle(タートル)・・・ウミガメ
  • Tortoise(トータス)・・・陸ガメ

なるほど、ガラパゴスゾウガメは陸ガメだからTortoiseなんですね!カメ=タートルと思っていたので新たな発見がありました。トータスと聞くとあの有名なロック歌手トータス松本さんを思い出しますね。ちゃんと調べていたらもっと早く知ることができたかもしれません。






スポンサーリンク









4.まとめ

本日はガラパゴスゾウガメのお話でした読んでくれてありがとうございました。では、また来週〜!前回、”次回はクロコダイルです!”と言っていましたが、すみませんカメでした。次回はクロコダイルです汗!

Thank you for visiting this page as always! I hope you enjoyed it and come back next week again! Have a great weekend!






Take care,

Zoo director/owner
Taka

ABOUT ME
Taka
Zooと英語.comを運営、管理してるTakaです。毎日英語を楽しんでます。英語とフロリダが好きです。普段はグローバル企業のデザイン職で働いています。最近はAIを勉強しています。僕も成長したいし、みんなと成長したくてブログを運営しています。Twitterフォローしてください (*´∀`*) 人生は動物園みたいなもの!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。