No. 38 The Effort Behind Us/ みえない努力

with コメントはまだありません

No. 38 The Effort Behind Us /No.38 みえない努力

毎週土曜日に更新される動物園!動物園の飼育員のポールさんと様々な動物の会話を聞いてみましょう。第38回目はアヒルです!では、今回も楽しんでいってください!



The Effort Behind Us

目次




1.和訳

Not everyone can see your effort.
Everybody’s individual effort is invisible.
The zookeeper’s job is the same, right?

(アヒル: みんながひとの努力に気づくわけじゃないよ。みんなそれぞれの努力は見えないんだ。飼育員の仕事もおなじでしょ?)






2.基本解説

では、いつもながら基本的なことから解説します。英語の基礎があれば説明すれば楽しんでもらえるというコンセプトでやっていきますね!毎週土曜日に更新される楽しい解説です。


Not everyone can see your effort.
Everybody’s individual effort is invisible.
It’s the same for the zookeeper, right?

  • “Not everyone”は「すべての人が~というわけではない」です。日本語に直したら長いですが、要はすべてがAではないという、簡単な話ですね。便利ですので部分否定は覚えておきましょう。
  • “individual effort is invisible.”ですが最初の”individual”は「個々の」です。”invisible”は「目に見えない」です。否定のin+visible(目に見える)ですのでわかりやすいですね。
  • ちなみにindivisibleは「割り切れない」という意味です。
  • “~,right?”は「〜でしょ?」と確認したりするときに便利です。
  • ポールさんは動物園の飼育員です。園の動物たちを楽しく見れるのも、見えないところで働いてくれている飼育員さんのおかげですね。

よって、訳は「みんながひとの努力に気づくわけじゃない。みんなそれぞれの努力は見えないんだ。飼育員の仕事もおなじでしょ?」となります。






3.ちょっと深く

みなさま、今回のcomicを読んで、あれ?「優雅に見える鳥も水の中では足を必死に動かしている」の言葉で出てくる鳥はハクチョウじゃなかったっけ?とお思いのかた、正解です。調べてみたらもともとは漫画『巨人の星』で出てきたフレーズだそうです。当たり前のように知っていることが実は漫画からだったとは驚きですね。もう少し調べてみたら驚きの事実が分かりました、なんとハクチョウは実は水の中でそこまで頑張って足を動かさなくても前に進めるそうなのです。これじゃ、「優雅に見えるハクチョウは水の中でも優雅」じゃないですか!これは嫌だ、見えない努力こそ美しいがモットーの僕としてはハクチョウを採用するわけには行かず、今回はハクチョウ同様白くて、さらに小さいので、水の中でもっと頑張ってそうなアヒルさんに出演していただきました。調べてみたらまた驚き事実がわかりました。アヒルも実は水の中で・・・いや、今日はこの辺でやめておきましょう。鳥、可愛いですね。






スポンサーリンク









4.まとめ

読んでくれてありがとうございました。みえない努力が大切ですね。多くのお客さんは動物を見に動物園に来ます。ですが、飼育員のみえない努力は多くのお客さんは気がつきませんよね。気づいてほしいとも思っていないと思いますが。そんな動物園の方々に感謝ですね。そして最後にハクチョウもアヒルも同様に可愛いですね。では、また来週〜!!

Thank you for visiting this page as always! I use instagram and sometimes people give me LIKE, it’s awesome!!!! Thanks a lot! Hope you guys return here next weekend too! Have a great weekend!






Take care,

Zoo director/owner
Taka

Follow Taka:

Zooと英語.comを運営、管理してるTakaです。英語を学習することが目的です。英語学習に関する知って得する情報をシェアしていきます。どうぶつえんcomicは毎週土曜日更新です。英語の基礎である中学英語も解説しています。一緒に英語を勉強しましょう!

Leave a Reply