No. 66 Future’s Design | CRISPR-CAS9/ 未来のデザイン

with コメントはまだありません

このエントリーをはてなブックマークに追加

No. 66 Future’s Design | CRISPR-CAS9/ 未来のデザイン

毎週土曜日に更新される動物園!動物園の飼育員のポールさんと様々な動物の会話を聞いてみましょう。第66回目のお話”No. 66 Future’s Design | CRISPR-CAS9/ 未来のデザイン”はゾウ、Elephantです!



crispr cas9

目次




1.和訳

ELEPHANT: MAMMOTHS ARE EXCAVATED NOT FROM THE EARTH BY SHOVELS, BUT FROM ME BY CRISPR-CAS9
(ゾウ: マンモスはシャベルで地面から発掘されるのではなく、クリスパー キャス9で僕から発掘されるんだ。)


PAUL: IS THAT A HAPPY THING?
(ポールさん: それは嬉しいことなのかい?)





2.基本解説

では、基本解説のページです。英語の基礎があれば説明すれば楽しんでもらえるというコンセプトでやっていきますね!


MAMMOTHS ARE EXCAVATED NOT FROM THE EARTH BY SHOVELS, BUT FROM ME BY CRISPR-CAS9

  • “MAMMOTH”は「マンモス」ですね。
  • “EXCAVATE”は「発掘する」ですね。”be動詞+動詞の過去分詞”と、受動態になっているので、「発掘される」です。
  • “not A but B”は「AではなくB」です。このコンビネーションはよく見られます。
  • “CRISPR”は「クリスパー キャス9」です。これは下で詳しく話します!

よって、訳は「マンモスはシャベルで地面から発掘されるのではなく、クリスパー キャス9で僕から発掘されるんだ。」となります。




IS THAT A HAPPY THING?

  • これは解説いらないですかね。

よって、訳は「それは嬉しいことなのかい?」となります。




スポンサーリンク







3.ちょっと深く

CRISPR-CAS9とは、遺伝子の編集技術です。いろいろな分野であらゆる技術が加速度的にどんどん進化していきますが、遺伝子編集の領域ももはやSF小説の世界のようなレベルに到達しましたね。もしくは、現実味を帯びてきました。病の原因であるDNAの一部を取り除き正常なものに換えたりすることができます。まさに魔法のような技術ですね!

なんと、ゾウのゲノムを基礎として、すこしずつマンモスのゲノムを再現するプロジェクトが進行中だそうです。わくわくしますよね。絶滅した鳥の復活にも成功しているそうです。
動物だけではなくて、もちろん植物、つまり小麦などの食料の遺伝子組み替えの話もあります。

遺伝子のせいで苦しめらている人を救ったり、食料問題を解決することができる、CRISPR-CAS9ですが、もしこの技術が悪用されたら大量殺戮兵器となる可能性もありますね。この本の著者であるジェニファー・ダウドナさんはCRISPR-CAS9について非常に慎重。いかに社会に影響力があるか知っているからです。そして、この方は無責任な科学者ではなく、社会的責任まで意識しています。それはかつて原爆の父オッペンハイマーが「技術開発を優先し、使用方法はあとで決めればいい」という考え方が招いた悲劇を学んだからです。

気になったのが、著者はアメリカの学者なのですがよく中国の研究の例が出されていました。研究分野が遺伝子組み換えなだけに倫理問題も含まれます。先進国の一般的な倫理的基準を考えると、遺伝子分野の研究を進めるとともに倫理的問題も対処しなければいけません。しかし、中国など独特の価値観を持っている国は、研究がすすめやすい環境なのだろうと思いました。

今回『CRISPR(クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見』 ジェニファー・ダウドナ著を読みました!
CRISPR-CAS9をしることで最先端で何が起きているか、その一端を学ぶことができます。とても面白かったですよ!






4.まとめ

今回も遊びに来ていただきありがとうございました。
それでは、みなさん、よい週末をお過ごしくださいねー!

Thanks for visiting here and taking your time! Hope you enjoyed it. What kind of animals do you like? Let me know and give me the inspiration for the next comic! Have a great weekend!




Take care,

Zoo director/owner
Taka

このエントリーをはてなブックマークに追加

Follow Taka:

Zooと英語.comを運営、管理してるTakaです。英語を学習することが目的です。英語学習に関する知って得する情報をシェアしていきます。どうぶつえんcomicは毎週土曜日更新です。英語の基礎である中学英語も解説しています。一緒に英語を勉強しましょう!

Leave a Reply