no.3 Penguin Can Fly

with 1件のコメント

no.3 Penguin Can Fly/no3.とべるとべる

zoo_no3_fixed

目次


1.和訳

Penguin: My dad said we penguin cannot fly…
(ペンギン:おとうさんが、ボクたちペンギンは空を飛べないってさ・・・)

Mr.Paul: You can fly in the sea. Sea and Sky, either way, it is the place where I cannot fly for me.
(ポールさん:キミは海の中をとべるよ。海にせよ空にせよ、ぼくには飛べない場所だ。 )

 

2.基本解説

さて、今回も基本の基本から解説していきたいと思います。今回もできるだけわかりやすく解説していこうと思います。英検3級ぐらいの方を意識しています。
一番最初から説明していきたいと思います。

My dad said we penguin cannot fly…

「お父さん」の表現は”Father”以外にもいろいろあります。例えば、”dad”です。年齢問わずこれが一番使われていると思います。”daddy”は子供が使う言葉ですね。大人なら使わない方がいいでしょう。「お母さん」は”mother”の他に”mom(アメリカ英語)や”mum(アメリカ以外)”、子供の表現としては”mommy”です。因みに”mummy”は「ミイラ」ですので注意しましょう!
さて、すこしややこしいsay/tellの違いです。
“say”は自動詞なので後ろに目的語が来ません。つまり、誰にSay(言ったか)したかを言う必要がありません。例)My dad said that S + V.ですが、言いたいときは、”to me”などのように”to”を使えばオッケーです。例)My dad said to me that S + V.
“tell”は他動詞なので後ろに目的語がきます。例)My dad told me that S +V.
ちょっとした違いですが、よく忘れちゃいますよね。覚えておきましょう!

よって、訳は「おとうさんが、ボクたちペンギンは空を飛べないってさ・・・」となります。

You can fly in the sea. Sea and Sky, either way, it is the place where I cannot fly for me.

“either way”は「どっちでも」という意味です。ちなみに”eitehr”は選択肢が2つあったら、「AかBかどっちか一方は可」という意味です。、否定文だったら、両方だめとなります。この例文の場合は、「海にせよ空にせよ」という意味です。

よって、訳は「キミは海の中をとべるよ。海にせよ空にせよ、ぼくには飛べない場所だよ。」となります。

 

3.ちょっと深く

今回の動物はペンギンでしたね。世界3大大きいペンギンを見ていきましょう!3位:キガシラペンギン(Yellow-eyed Penguin)!、2位:キングペンギン(King penguin)!、1位:コウテイペンギン(emperor penguin)!です。しかし、大昔には2mのペンギンがいたそうです。1位のコウテイペンギンが90~110cmなので、約2倍。。。大きいですね。
文法に関しても補足です。”either”が出たので、”Neither”も説明します。Neitherは否定です。選択肢が2つあったら、AもBも×ってことです。”Neither A nor B”という形で使います。つまり「Neither A nor B = not either A or B」です。例) I went to neither NYC nor Toronto. = I didn’t go to either NYC or Toronto. (NYCにもTorontoにも行ってない。)
また、”Me neither”という表現もよく聞きます。”Me too”の否定バージョンです。相手の否定文に対して、自分も同意する場合、”Me neither(私も〜じゃない)”といいます。

スポンサーリンク




4.Japanese lesson for Japanese learners

Hi guys, Trillions of readers of this articles all over the world, how are you doing? I hope over 80% of the leaders are okay or not bad at least. Well today’s Japanese expression which I want to show you is…

おしりぺんぺん(oshiri penpen)

おしり means “ass/bum/butt”,and “pen-pen” is an onomatopoeia for hitting child’s ass! Here is the example, a mother says to the children「コラ!やめなさい!でないと、おしりぺんぺんするよ!(kora yamenasai,denaito,oshiri penpen suruyo!)」,which means “Hey, stop it, or I’ll do oshiri penpen!”. This expression,penpen, is only for children’s ass. This onomatopoeia is for the only ass, why don’t you think of it as cool beans? Penguin’s “Pen” reminded me of the onomatopoeia.I hope you got more motivation to study English! I really hope so!
I am not a native English speaker so I probably make some mistakes on my English, so let me know if you find them.

 

5.まとめ

今回はペンギンでした。私はペンギンが特に好きです。またペンギンを題材になにか作れたらいいなーと思っています。今回も読んでくださいましてありがとうございます。

Thanks for reading the article. I hope you enjoyed. Did your mum do oshiri penpen before? I’d love to hear from you!

Take care,

Zoo director/owner
Taka

One Response

  1. […] Sayの活用、覚えていますか?今日は基本単語の活用の復習が多いですね。でも、基本ができてこそです!おさらいしましょう!say-said-saidです。似ている単語、tellはtell-told-toldですね。sayとtellの違いは以前に説明したので、興味のある方は“no.3 Penguin Can Fly/no3.とべるとべる“を参考にしてください。 […]

Leave a Reply