Blog

【アニマルフリーグッズ】ビーガンにおすすめのファッション・コスメブランド7選

animalfree_vegan

ビーガン/ヴィーガンとは動物由来のものから完全に距離を置き、植物由来のもので生きていくライフスタイルや考え方です。
食べ物であれば、肉ではなく野菜を選び、洋服であればファーや革製品ではなくコットンなど植物由来のものを選びます。

ぼくは肉も食べるしビーガンではないのです。しかし、娯楽の側面が高いファッションのために動物が倫理的ではない扱いをされているならば、できる限りアニマルフリーを選択できないか考えることは必要だと思います。

ビーガンの方もそうでない方も、みなさんがよりサステナブルな生活を送るヒントになればと思い、アニマルフリーの時計やバッグなど個性的なアイテムをまとめてみようと思います。

ミニマルデザインの【TIVC】




【公式】TIVC Official

オーストラリア発のブランドです。TIVC はTime IV Change の略語で、英語でTime For Change 【変化のための今日】という意味です。IVってのが4なので、forってことですね。最初よくわかりませんでしたが、英語の勉強になりました笑。

さて、TIVCの腕時計の特徴ですが動物性の素材を一切使わず、環境にやさしいリサイクルされた素材を活用し、高品質な時計を作っています。着け心地が良い、お手入れしやすい、本革より軽いなどといった理由で世界中で愛用されています。バンドの付け替え、交換ができるのでオリジナリティも出せるし、シンプルなデザインで長く使えるところが魅力的です。ミニマリストには最適なブランドだと思います。

特徴 ユニーク、エキゾチックで実用的
価格帯 14,135yen〜(参考)
オーストラリア
保証 国際保証制度。14日返品無料
認可 PETA。REACH compliant。SA8000 Factory

【公式】TIVC Official




ユニークでスタイリッシュな【FruitenVeg】




PETA認定、NYC発ビーガンバッグ【FruitenVeg】

ニューヨーク発のブランドです。このFruitenVegというブランド、かなり個性的です。エレガントで>ユニークでエキゾチックでそれでいて実用的なので唯一無二のデザインだと思います。かなりプロフェッショナルの仕事を感じますし、遊び心を忘れていないところがファッションを楽しむ要素だと思います。ここまでファッションを楽しみながら、動物たちにも配慮しているのだから、まさにパーフェクトだと思います。様々な有名雑誌にも取り上げられており、例えば、ELLE、VOGUE、BAZAARなどの表紙を飾っていたりします。一見、革製品に見えたり、ファーを使っていたりしますが、一切動物性を使っておらず、ファーに至ってはしべてフェイクファーです。

特徴 遊び心もありのエレガント&エキゾチックで実用的
価格帯 18,000yen〜(参考)
アメリカ・ニューヨーク
保証 14営業日以内の破損していない未使用の商品の返品、交換
認可 PETA

PETA認定、NYC発ビーガンバッグ【FruitenVeg】




おしゃれを追求した【Svala】




ロサンゼルス発、ビーガンバッグ【Svala】

ロサンゼルス発のブランドです。ロサンゼルスのダウンタウンですべての製品を製造しています。ファッション性がものすごく高いです。かなりおしゃれですね。フォーブス誌やヴォーグ誌などからも好評を得ており、ELUXE magazineの2017、2018のSUSTAINABLE LUXURY AWARDSの候補でした。
100%オーガニックコットンのパジャマやランジェリー、持続可能なビーガンバッグ、動物実験抜きのクルエルティフリーなどなど、かなり環境問題や労働環境にも力を入れているブランドです。日本で買うと、もちろん輸送することで二酸化炭素が出てしましますが、どれだけ出たかを計算して、カーボンオフセットを購入しています。これを購入することによって、樹木の植栽や風力、太陽光、水からの代替エネルギーの生成などの資金プロジェクトに役立ちます。ここまで本気でサステナビリティに力を入れているのがSvalaというブランドです。調べていて、尊敬しました。。。
会社の代表自身がモデルをやっており、起業家でありモデルというスーパースターみたいな方ですね。

特徴 デザイン性が抜群
価格帯 20,000yen〜(参考)
アメリカ・LA
保証 14日以内の破損していない未使用の商品の返品、交換
認可 PETA

ロサンゼルス発、ビーガンバッグ【Svala】





上記の3ブランドはPETAの承認を受けています。
PETAとはPeople for the Ethical Treatment of Animalsのことで、動物の権利や倫理を守ろうとする団体です。毛皮や、革製品を使わない動物に優しい企業には認証マークを与えています。
PETAの承認を確認できませんでしたが、同じくアニマルフリーのコンセプトのブランドを紹介します。





次にAkin(エイキン)のコスメも紹介します。このブランドはオイルも扱っており、オイルだったら男の僕でもプレゼントなどの際には買ったりします。

100%ビーガンのコスメ【Akin(エイキン)】




ボタニカル&ビーガンコスメ【A’kin】

Akin(エイキン)はナチュラル志向が強く、人工香料なども一切使わないオーストラリア発のブランドです。
100%ビーガンのコスメ、つまり”動物実験一切なし”、動物の副産物の蜂蜜や動物の生態を守るためにヤシ油なども一切使用しておりません。ヤシ油を採取するために森林伐採やオランウータンなどの動物が生活圏を追われている、とニュースなんかで聞いたことがあります。オイル、スキンケア、ヘアケアの商品を扱っています。自然と動物と環境と人に優しいブランドですね。

昔プレゼントとしてオイルを買ったことがありますが、それと比べて特別高いというわけでもないので、選ぶ際はこういうサステナビリティを考えたブランドを応援していきたいです

A’kinの原料へのこだわり、動物愛護、環境への配慮を詳しく見るには下記の”A’kinのポリシー”から確認できます。
A’kinのポリシー

特徴 植物抽出物が豊富なナチュラルな製品
価格帯 2,600yen〜
オーストラリア
保証 不良品の場合、到着後8日以内に連絡:
認可 cosmos organic認定製品

ボタニカル&ビーガンコスメ【A’kin】




大規模にサステナ貢献【ザ・ボディショップ】

ザ・ボディショップ

化粧品の動物実験廃止を目指してFOREVER AGAINST ANIMAL TESTINGという取り組みをしています。2017年-2018年の1年間で800万件以上の署名を集めました。ザ・ボディショップによると、現在、80%の国で動物実験に関する法律がきちんと定められておらず、50万匹の動物が犠牲になっているとのことです。ザ・ボディショップは社会の悲惨な現実と、倫理の必要性を国際社会に訴えています。その結果2017年にベストな国際キャンペーンに贈られるCorpComms Awardを受賞しています。

特徴 環境への配慮の意識が高いブランド
価格帯 162yen〜(参考)
イギリス
保証 不良品の場合、到着後10日以内に連絡:
受賞 CorpComms Award 2017

ザ・ボディショップ



こだわりのボディ&フェイスケア【COWSHED(カウシェッド)】



英国発ナチュラルアロマケアCOWSHED

動物実験を一切していない、イギリス発のこだわりのボディ&フェイスケアブランドです。それぞれのメインの商品にコンセプトがあって面白いです。例えば、

  • パンパンな足にアプローチする Grumpy Cow(グランピーカウ)
  • 体の疲れに寄り添った Knackred Cow(ナッカードカウ)
  • 女性の憂鬱Dayの前に Moody Cow(ムーディカウ)
  • ジムや運動後サポート Wild Cow(ワイルドカウ)
  • 気持ちがぐったりのときに Lazy Cow(レイジーカウ)
  • 英国クリスマスを思い出す Horny Cow(ホーニーカウ)

などなど。特に英国のクリスマスを思い出す香りってどんな香りだろうって思います^^!特に興味があったので、少し詳しく説明しますと、「イギリスの母を感じさせるあたたかみを感じる香り。」であったり、「恋人達のロマンティックな夜にも。」ということでした。しかも本国イギリス売上No.1だそうです。Hornyってセクシーな意味もありますからね笑。ロマンティックな感じが名前からも伝わってきます!
COWSHEDの商品ですが、マギーさんも使っているみたいです。芸能人が環境の意識が強いというのは嬉しいですね^^


特徴 ピュアエッセンシャルオイルや摘みたてのハーブエキスを使用
価格帯 3000yen〜(参考:オイル)
イギリス
保証 不良品の場合、商品到着後7日以内にご連絡の上、着払いにて返品

英国発ナチュラルアロマケアCOWSHED




オーガニックコスメの【メルヴィータ】



特徴 ロクシタン グループのフランス発のオーガニック認証コスメブランド
価格帯 3,600yen〜(参考)
フランス
認可 オーガニックの国際的認証機関、ECOCERT(エコサート)認証。The ONE VOICE 基準でアニマルフリー

オーガニックコスメの【メルヴィータ】






【アニマルフリーグッズ】ビーガンにおすすめのファッション・コスメブランド7選 まとめ

cats

ぼくも動物を飼ったことがあったり、身近な人がペットを飼っていたりして動物を家族として接することが多い環境でした。これだけ文明が発展したのに、見えないところで動物がむやみに犠牲になっているのは悲しいですよね。
ビーガンでなくても、こういうところに意識を向けてよりサステナブルな社会を作っていくムーブメントがこれからも継続したり、新たに起こっていけばいいなと思います。

個人的には、Svalaという企業が配送の際の二酸化炭素まで気にして、環境を考えて運営しているっていうのが、本当に感心しました。

動物が好きなので、このサイトをやっています。人間の意識次第で、話すことはできない動物とよりいい形で共存できる社会を実現することはできると思います。

最初に言ったように、ぼくはビーガンではありません。特に食べ物に関してはなかなか変えることは難しいです。ですが、ファッションなどに関してはできるだけ動物製品を避けることはできるかなと思います。もし、身につけるならばエシカルな製品であってほしいです。そういうことよって倫理的でない扱いを受ける動物が減ればいいなと思います。

過激な活動家の行動には賛同できませんが、動物の権利を考えることは大切だと思います。

そんなことを考えながら、サステナブルを意識しているブランドを応援していきたいです。

情報はアップデートがある場合があるので、購入の際は必ずブランドのサイトを確認してください。


読んでくれてありがとうございました



サステナグッズの記事も書きました!環境問題に取り組んでいる企業さんを応援したいですね〜。ぜひ読んでください!

sustainable goods
【保存版】おすすめサステナグッズ!プレゼントに最適なおしゃれ商品まとめハイキングや、ビーチでまったりするのは好きですか?ぼくは好きですね〜。あと釣りも好きです。 癒しをくれる自然に感謝ですよね。日常生...



最後に以前書いた環境問題の記事も貼っておきます。英語の記事になります。

sustainable water resources
Dakota Access Pipeline- for sustainable water resourcesNowadays people have a huge impact on the environment, so it's time ...

Dakota Access Pipeline- for sustainable water resources

ABOUT ME
Taka
Zooと英語.comを運営、管理してるTakaです。毎日英語を楽しんでます。普段はデザイン職で働いています。最近はAIを勉強しています。僕も成長したいし、みんなと成長したくてブログを運営しています。Twitterフォローしてください (*´∀`*)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。