英検1級対策

【英検1級単語・勉強法】gaitの意味を絶対に忘れない覚え方

英検1級gait

今回の英検1級単語は”gait“です。英検1級の大問1は25題の語彙問題です。これを落としたらかなり不利になります。しっかり覚えてものにしましょう。しかし、丸暗記で覚えるのは楽しくないとしんどいですね。ということで一緒に楽しんで学びましょう!






英検1級単語gaitの意味

意味: 歩き方、歩きぶり

Googleの辞書によると↓

a person’s manner of walking.

「人の歩く様」、ですね!

Cambridgeの辞書によると↓

a particular way of walking

「独特の歩き方」、ですね。

歩くってことのちょっと難しいいい方なわけですね。よくわかりました。




英検1級単語gaitの覚え方

これです!決まりですね。

結構簡単な綴りなのにすぐに忘れてしまいそうですよね。

しかもgaitってgateと似ているので、かなり混乱しそうですね。

なので、あえて一緒にしてしまって、門を歩いてくぐるっていうイメージでgaitを覚えてしまいましょう。

こんな感じですね!
gateとgait

軽やかなステップでgateをくぐるgaitですね。覚えちゃいました!




英検1級単語gaitの解説

では、少しだけgaitを深堀していきましょう。

gaitの例文

今回も猿で例文を作ってみました!

例文:The boss monkey has an abnormal gait.(ボス猿は歩き方が不自然だ。)
ボス猿は戦ってその地位に着いたので負傷してそうですからね。歩き方もちょっと不自然になってそうです。



英検1級単語gaitの種類

gaitで調べてみると、関連キーワードにtypesってのがあったので深掘りしました。面白い記事があったので、紹介します。Medical News Todayってサイトでabnormal gaitというトピックで書かれていました。

spastic gait spastic gaitとはけいれん性による不自然な歩き方です。足を引きずって歩いたり、動きが硬いようにみえたりします。
scissors gait 足が内股になって歩く歩き方。歩く時にお互いの脚が当たります。その様子がハサミを開いて閉じてという様子に似ていることからscissors(ハサミ) gait。
steppage gait つま先が地面につくような歩き方なので、歩く時に土を掘る感じになる。
waddling gait 体を振りながら端から端へ動く感じ。(アヒルみたいな歩き方です。)
propulsive gait 頭が前に押し出された形で歩く様。

う〜ん、なんか身近に見たことあるなって歩き方もちらほらありますよね。しかし、不自然な歩き方って言っても、いろんなタイプの歩き方があるんですね。かなり分析された内容だと思いました。

調べてみると知識が深まりますね。面白いです。

さて、英検のおすすめ単語帳は、もちろんパス単ですね!
みなさんも面白い覚え方を思いついたらぜひ教えてください〜〜〜

文で覚える方もあります。単語レベルは少し簡単な感じがしました。

Good Job!

Taka

スポンサーリンク




ABOUT ME
Taka
Zooと英語.comを運営、管理してるTakaです。毎日英語を楽しんでます。普段はデザイン職で働いています。最近はAIを勉強しています。僕も成長したいし、みんなと成長したくてブログを運営しています。Twitterフォローしてください (*´∀`*)